マウスコンピューターは4月20日、Windows 7を搭載したタブレット端末「LuvPad WN701」の出荷を開始した。防塵、防滴、耐衝撃性を考慮した構造が特徴だ。同社Web サイトでの直販のほか、一部の量販店でも販売する。直販価格は4万9980円。ここでは、実機の写真でその仕様を紹介していこう。

CPUはAtom Z650(1.2GHz)、メモリーは2GB、SSDは32GB。液晶は7型(1024×600ドット)。無線LAN(b/g/n)を備える。搭載OSはWindows 7 Home Premium(32ビット版)。Windows 7 Professional(32ビット版)のオプションも選べ、価格は5250円増しとなる
[画像のクリックで拡大表示]

背面にはカメラ、スピーカー、音量調節ボタンがある。防塵と防滴の国際規格の保護等級「IP44」に対応しており、防水加工が施されている
[画像のクリックで拡大表示]

側面はゴム製の防水カバーになっている。右から順に電源ボタン、ヘッドホンジャック、Mini-HDMI、メモリーカードスロット。電源スイッチは防水カバーの上から押せる
[画像のクリックで拡大表示]

反対側にもインタフェースがあり、防水カバーが付いている。こちら側はUSB 2.0端子と、ACアダプターのジャックがある
[画像のクリックで拡大表示]