予断を許さない状況が続く東日本巨大地震。ネットで飛び交う情報は、TwitterやFacebook、mixiなどのソーシャルネットでも探せるし、移動時ならiPhoneなどのスマートフォンが強力なツールになる(下記の関連記事を参照)。とはいえ、「情報はここにある」「ここを見るとよい」といった固定した探し方では、移り変わる状況に対処できない。パソコンとネットを使って、自らの力で必要な情報を探し出すようにしたい。この記事では、そのための基本的な知識とテクニックを紹介する。再確認の意味でご一読いただきたい。

【テクニック1】分からない言葉は「○○とは」や「○○ wiki」で探す

 緊急時のニュースは、日常とは無縁の専門用語が頻出する。知っている言葉でも、あいまいな理解のままだと、大事な情報を誤解することにもなりかねない。言葉の意味を素早く探せることが、ネット検索の基本のキホンだ。

 言葉の意味を探すときは、検索サイトで「○○とは」と入力する。「○○」が知りたい言葉だ。これだけで、「○○」についての定義や意味の解説が数多く見つかる。参考になりそうなサイトをいくつか見比べて、総合的に判断しよう。

●検索サイトのGoogle

http://www.google.co.jp/

Web検索では「津波とは」のように、「とは」を付けて調べるのが有効
[画像のクリックで拡大表示]

 Googleなどの検索サイトで、「○○ wiki」で探す方法もある。百科事典サイト「ウィキペディア」の解説が上位に見つかるはず。ウィキペディアはネット上にある百科事典。意味調べには最適なサイトだ。直接、ウィキペディアのページにある検索窓で探してもよい。

●百科事典サイトのウィキペディア

http://ja.wikipedia.org/

ウィキペディアで「津波」を検索したところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィキペディアについての一般的な注意事項は、記事を誰でも編集できるものだということ。記述の中には、未確認のものや誤っているものが含まれている可能性はある。完全に“正しい”と鵜呑みにせず、必要があれば複数の専門的なサイトも参照しよう。ページ末尾の「脚注」にある出典や、外部リンクなども参考になる。

【テクニック2】「まとめサイト」を探して活用する

 話題のテーマがあると、ネットでは企業や自発的なユーザーが「まとめサイト」を作る場合が多い。同じテーマで複数のまとめサイトが乱立することもある。まとめサイトが乱立すると「まとめサイトのまとめ」も作られたりする。効率的な情報収集に役立つサイトが多いはずだ。

 ウィキペディアと同じような仕組みで作られたサイトであれば「まとめwiki」「○○wiki」などの名前であったりする。そのため、「○○ wiki」で検索すると、ウィキペディアではない「まとめwiki」サイトも検索結果に並ぶ。「○○ まとめ」「○○ まとめサイト」「○○ まとめwiki」などでも検索してみよう。検索キーワード次第で結果が微妙に違うので、いろいろ試したい。

まとめサイトをGoogleで検索してみた
[画像のクリックで拡大表示]

【テクニック3】Googleでニュースを検索

 Googleの検索ページでは、キーワードで検索すると、結果一覧に「○○のニュース検索結果」というグループが表示される。まずはこれをチェックしよう。

「地震」で検索すると、「地震 のニュース検索結果」として関連ニュースが並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 この画面のまま、画面左のメニュー、または、上端左に並ぶ項目で「ニュース」をクリックすると、同じキーワードでニュース記事だけの検索結果になる。

 なお、Googleの検索結果画面では、ニュース以外の記事は新旧混合している。画面左のメニューで「24時間以内」「2日以内」などをクリックすれば期間を限定できる。画面左のメニューで「リアルタイム」をクリックすれば、キーワードを含んだTwitterの最新ツイートが検索される。「いまこの瞬間」の情報を知りたいときに便利だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら