シマンテックは2010年7月8日、子どものインターネット利用に関して、14カ国で実施した調査の結果を発表した。他国と比較して、日本の保護者は子どもがネット上でどんな情報を目にしているかを知らない人が多かった。またネットの利用を親が管理するのでなく、子どもに主導権を持たせるべきと考える傾向が強いことも明らかになった。

ここからは会員の登録が必要です。