グーグルは2008年10月29日、地図検索サービス「Googleマップ」に、ドライブのルート案内およびカーナビゲーションサービスとの連携機能を追加した。

 ルート案内はGoogleマップの「ルート・乗換案内」メニューから利用する。スタート地点と目的地を入力し、「車で行く」という方法を選択する。スタート点と目的地の間に経路を変更する場合は、青く示されている経路を利用したい道路の上にドラッグする(図1)。一般道や無料区間を優先するというオプションもある。

 ルート検索結果を印刷すると、曲がり角などを一覧にして出力できる(図2)。ストリートビューに登録済みの写真を組み合わせて印刷することも可能だ。

 ルート案内機能はiPhoneのGPSと連携機能を持つ。GPSで現在地を取得し、目的地情報を入力して検索するといった使い方ができる。

 もう一つの追加機能であるカーナビゲーションサービスとの連携は日産自動車の「カーウイングス」が対象。Googleマップでの目的地検索結果を送信しておき(図3)、乗車後、目的地情報をカーナビにダウンロードしてナビゲーションに使える。

 カーウイングスは2008年9月末現在、73万台で利用可能。カーナビゲーションシステムが情報チャンネルに対応した機種であれば、全機種でGoogleマップとの連携機能が利用できる。