格安音声SIMは、大手携帯電話事業者の携帯電話回線を、割安な料金で提供するサービスである。これまでも「格安SIM」として、データ通信の料金が安いサービスは登場していた。これに080や090の電話回線を付けたのが、格安音声SIMだ。

 携帯電話事業者のサービスとの違いは、基本料金が安いこと。サービスごとに異なるが、2000円前後である。データ通信のみの格安SIMよりは1000円近く高いものの、大手の料金の半額以下だ(図1)。

●格安音声SIMを使って基本料金を下げる
図1 低料金で利用できる通信サービスが「格安音声SIM」。大手事業者のプランに比べ、高速通信可能なデータ量が少ないなどの制限があるが、その分だけ毎月の基本料金は安い。例えばIIJmioの高速通信1GBのプランは、ドコモの高速通信3GBのプランと比べ、基本料金が半額以下になる
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で制限が多い点には注意したい。最も使い勝手に影響しそうなのはデータ通信の制限。大手であれば月間最大5GBまたは7GBまで、下り最高150M~200Mbpsの速度で通信が可能だ。しかし格安音声SIMの場合、低料金のプランでは、データ容量が500M~1GBと少なかったり、最高速度が150k~200kbps程度の低速なサービスが多い。キャリアメールや、家族割などの割り引きはない。おサイフケータイ機能が利用できないこともある。

 通話品質については、心配はいらない。格安音声SIMは、事業者が大手事業者の回線を借りて提供しているサービス(図2)。通話品質や利用可能なエリアは、大手と同じである。

●格安音声SIMは大手事業者の回線を使用
図2 格安音声SIMの提供会社は、携帯電話事業者の回線を借りてサービスを提供する「MVMO」(仮想移動体通信事業者)だ。NTTドコモの回線を利用する場合、通話可能なエリアはドコモと同じだ。今後は、au(KDDI)やソフトバンクモバイルの回線を使ったサービスも登場する見通しだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら