たけい・まりか:1990年生まれ。千葉大学法経学部4年生。NPO法人「NPO事業サポートセンター」が主催する事業「復興支援ITボランティア」に参加し、岩手県沿岸部の各仮設住宅においてITを用いた支援活動を実施。現地に継続的に赴くことで各地のニーズを発掘し、ニーズに合った支援を実現するために、ボランティアのコーディネートに関わる。世界通貨基金・世界銀行の2012年年次総会時に開催された市民社会フォーラムなど、各所で講演。(撮影:木村 輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 岩手県陸前高田市長洞地区。小さな漁村は、東日本大震災で津波に襲われた。だが住民自らが働きかけ、同じ集落内に仮設住宅団地を建設。ITを活用しながら、復興への道を歩んでいる。

 この団地、通称「長洞元気村」を武井さんが初めて訪れたのは、2011年夏。何かしなければ──、その一心で見つけた「復興支援ITボランティア」事業に参加した。仮設住宅は完成したものの、当時、住民の間には今後への不安が満ちていた。集会所でパソコン教室を開いたりもしたが「見向きもされなかった」。支援する側の考えと現地のニーズとのミスマッチを痛感した。

 そんな中、武井さんは「学生リーダー」の一人に任命される。現地のニーズと、企業や個人による支援を結びつけるコーディネーター役だ。“もともとパソコンが苦手な非IT系”と自らを称する武井さんに、これはうってつけの役目だった。「非IT系の目線でミスマッチを考える」ことができたからだ。「普段から聞き役に回ることが多い」という武井さんの気質も功を奏した。

長洞元気村のWebサイト(左)。2013年3月11日には事業用のWebサイトを立ち上げ、海産物やゆべしの販売などを開始した(下)
[画像のクリックで拡大表示]

Windows 8向けアプリコンテスト「Digital Youth Award」の最終選考で「震災復興アプリ」をプレゼン(上)。主催者であるウィンドウズデジタルライフスタイルコンソーシアム(WDLC)の理事賞を受賞した(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら