NTTドコモ スマートライフビジネス本部 ライフサポートビジネス推進部 教育事業推進担当部長の伊能美和子氏との対談の後編。ABC Cooking Studioの持ち株会社との資本提携の理由、MOOCの配信サイト「gacco」をビジネスにつなげるための構想が明かされる。(記事構成は編集部)

――前編はこちら

山内:ABC Cooking Studioの生徒さんというのは、どんな方達なんですか。

伊能:現在教室に通っているアクティブユーザーが28万人、過去に通っていた人も含めれば90万人にのぼります。主にF1層(20~34歳の女性)です。これも、ABC Cooking Studioに可能性を感じたポイントでした。

NTTドコモの伊能氏
[画像のクリックで拡大表示]

伊能:日本では、女性がいろんな意味で消費行動の主導権を握っていますよね。女性の方が可処分時間と可処分所得がある気がするんですね。クチコミ力もあるし。

 こういうパワーのある女性たちが新たな学びを体験したら、子供たちにもそういう学びをさせたいと思うでしょう。ですから、下の年齢層に広がります。それに女性は、自分の親に対する影響力もありますから、上にも広がっていきますよね。さらに友達やパートナー、つまり横方向にも広がる。女性をファンにすることで、さまざまな広がりが出ると思うんです。

 そんなわけで、ABC Cooking Studioは学びのスタイルを変えるための良いフィールドだと思いました。意思決定を迅速にして、リアルとデジタルをハイブリッドしたサービスをどんどん出していくには、自らが一員とならなくてはならない。そう考えて、ABC HOLDINGSと資本提携に至ったわけです。

 資本提携は、私としては当然の展開なんですよね。でもなかなか分かっていただけなくて、「どうしてABC Cooking Studioなんだ」ってよく質問を受けるんですよ。

鋭い人は“ドコモの狙い”に気付いている

山内:僕自身は、この資本提携は「さすがドコモだ」と思いましたね。教育界の人でも、分かっている人は、ドコモさんの狙いがどこにあるか気付いているはずです。

 伊能さんのおっしゃる「リアルとデジタルのハイブリッド」は、今後、絶対に重要になります。ごくシンプルな話で、当たり前のことなんですけどね。ネットとリアルがつながることで、我々の生活は豊かになっています。学習だって、当然そうなるはずですよね。

 米国の教育省が2009年に、ある研究結果を発表しました。オンラインのみ、対面のみ、オンラインと対面の組み合わせ、の3種類の学習方法によって、学習効果がどう違うかを調べたものなんですけど、オンラインと対面の組み合わせが最も良いという結果でした。両方の良いところを組み合わせるわけですから、ある意味当然なんですけど。これから多分組み合わせ学習が来るだろう、というのは、実は以前からいわれているんですね。

伊能:そうですよね。以前から「Blended Learning」(ブレンド型学習)なんかのキーワードもありましたよね。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら