概要

 イーフロンティア「MacDrive 9」は、WindowsでMacフォーマットのメディアを読み書きできるようにするツールだ。Windowsパソコンにインストールするだけで、MacフォーマットのUSBメモリーやハードディスクなどを読み書きできるようになる。Windows-Mac間のファイル共有なら、LANやオンラインストレージを使っても可能だが、Mac用ディスクに直接アクセスするなら必携のツールだ。なお、MacDrive 9にはStandardとProの2種類があるが、今回はProを試用した。

オススメ度

こんな人に向いている

  • MacとWindowsで大量のデータをやりとりする人
  • WindowsとMacを両方を持っていて、WindowsからMac用ディスクに直接アクセスしたい人
  • WindowsでMac用のUSBメモリーやCDやDVDを手軽に作成したい人

動作環境

●OS
・Windows 7(32/64ビット対応)
・Windows Vista SP1以降(32/64ビット対応)
・Windows XP SP2以降(32ビットのみ対応)
・Windows Server 2003(32ビットのみ対応)
・Windows Server 2008(32/64ビット対応)

●ハードディスク
10MB以上の空き容量

●対応フォーマット
MacOS Xや以前のMac OSで作成されたHFS、HFS+、HFSXボリューム

●対応ディスク
ハードディスク、Time Machineファイル、DMGディスク(ディスクイメージファイル)、DVD、FD、iPod、CD、MO、Zip

●対応デバイス
eSATA、SATA、FireWire(IEEE1394 a/b)、IDE、USB 3.0/2.0/1.1、ファイバーチャネル、SCSI、パラレルポート

価格

●MacDrive 9 Pro
パッケージ版:1万4800円
ダウンロード版:1万2800円
アップグレード版:6400円

●MacDrive 9 Standard
パッケージ版:9800円
ダウンロード版:7800円
アップグレード版:3900円

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!