現在、東京電力の管内では、電力需要に対して供給不足が懸念されているため、計画停電が行われています。需要が供給を上回ると大規模な停電が発生する可能性もあり、そういう事態に巻き込まれないためにも、この電力危機の責任問題は別として、節電に取り組む必要があります。こまめに電気を消すなどの方法もありますが、パソコンやスマートフォンなど、いろいろな機器で電気を使っているので、この部分でどんなことができるのかを考えてみましょう。

 考えたのが「ピークシフト」です。

 電力の需要は一定ではなく、朝の5時ごろが最低になっていて、そこからだんだんと上昇し、お昼ごろから最初のピークとなり、その後、午後に少し下がったあと、18時前後に2回目のピークを迎え、19~20時ぐらいから減少し始めます。日々の電力消費がどうなっているのかは、東京電力のホームページなどで見ることができます。

2011年3月28日の電力消費パターン。日によって違いはあるものの、パターンとしては朝の5時ごろに最低となったあと上昇し、昼ごろからで少し下がり、再び上昇して18時ぐらいにピークを迎え、20時頃から下がり始める(東京電力のホームページより引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 基本的に電力はためられないため、最大需要が供給量を超えないようにしなければなりません。つまり、供給に余裕のないときに電力を使わないようにすることが、節電として最も効果があることになります。電力に余裕のある時間に使い、余裕のないときは使わないように、電力の利用を「シフト」させればよいのです。とはいえ、夜型になれというわけではありません(筆者は夜型なんですが……)。

 バッテリーを搭載したモバイル機器を利用すれば、ピークシフトを比較的簡単に実現できます。また、計画停電などもあり、電力が利用できない時間帯もあります。このようなときもバッテリーを搭載したモバイル機器は有効です。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら