仏パロット社が、一風変わったラジコンヘリ「AR.Drone」を発売した。Wi-Fiを利用し、iPhoneで操縦する。機体のカメラからのライブ映像を見ながら、「コクピット視点」で飛ばせるのも面白い。友人と2機で、実機の位置関係を利用して、画面内で撃ち合うAR(拡張現実感)ゲームアプリもあるという。


 パロット社はもともと、携帯電話のハンズフリーキットなどのワイヤレス関連機器のメーカー。国内では、BluetoothやWi-Fiに対応したワイヤレススピーカーやデジタルフォトフレームなどが販売されている。今回の製品は、話題のAR+ドローン(無線操縦の無人機)で「AR.Drone」なのだろうが、「アラン・ドロン」に引っかけたフレンチギャグのような気もする。屋内でも飛ばせるようなので「まず室内で練習できるなら」と思い立ち、早速飛ばしてみることにした。

AR.Drone本体。ローター(プロペラ)ガードが付いた屋内用ハル(機体)を装着した状態。左側が前方。全長約52.5cm×幅約51.5cm、重さ420g。高さは実測で約11.5cm
[画像のクリックで拡大表示]

同梱の屋外用ハルを装着した状態では全長約45cm×幅約29cm、重さ380gにスリム軽量化。イエローの他、グリーンとブルーの3色が選べる。左側が前方
[画像のクリックで拡大表示]

完成状態でパッケージングされているため、複雑な組み立ては不要だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら