Googleには通常の検索に加え、数秒前の情報を検索可能にするリアルタイム検索の機能がある。今この瞬間に、世界にどんな情報が飛び交っているのかが分かる。

 リアルタイム検索は当初英語版のGoogle検索で実現した。2月16日、日本語版でも利用できるようになった。利用は、いったん通常の検索をした後、検索ツールを開き、「アップデート」のリンクをクリックする。

 具体例で示そう。例えば、執筆時点で、アジア杯サッカーの日本対バーレーン戦が行われている。そこでまず「バーレーン」をキーワードで検索する。「バーレーン」という国に関連する情報が通常通りに表示される。そこから「検索ツールを表示」→「アップデート」を選ぶ。

図1 「バーレーン」をキーワードで検索する。「検索ツールを表示」のリンクをクリック
[画像のクリックで拡大表示]

図2 左コラムの「アップデート」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

図3 数秒前にTwitterでつぶやかれた話が検索できる。最新の情報は「数秒前」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら