Excelでモノクロ印刷すると、印刷結果が違うことがある。この違いはモノクロ印刷をExcelかプリンタドライバーのどちらで設定するかによって生じる。Excelにはモノクロ印刷でも見やすくするための工夫がある。

[画像のクリックで拡大表示]

 仕事で作る文書は、できるだけきれいに仕上げたいもの。上司に渡す書類や、ビジネスの相手に説明するために配る文書なら、なおさらだ。

 そのときに、ポイントとなるのが色の使い方。Excelの場合、セルや文字に簡単に色をつけることができるし、自分で作ったグラフの色も自由に変えられる。こうした色遣い1つで、シートの見栄えは格段にアップする。

 ところが、最近は経費節約のために、カラー印刷を禁止する企業が増えている。カラープリンターを導入していても、印刷コストを節約するために、あえてモノクロで印刷しているのだ。カラー印刷に比べて、モノクロ印刷にかかるコストはおよそ4分の1。確かに節約効果は大きい。

 ではモノクロ印刷では、見やすさはあきらめるしかないのだろうか。そんなことはない。ユーザーの工夫次第で、普通のモノクロ印刷とは違い、見やすい仕上がりとなる。

 上の図を見てほしい。Excelで作成したグラフを、同じプリンターで白黒印刷した結果だ。上のグラフは、白黒の濃淡だけで表現されている。区切り線が見えてはいるが、隣り合う項目の色が同じ色に見えるものもあり、項目名を間違えてしまいそうだ。

 では、下のグラフはどうだろう。項目ごとに印刷の模様が違っており、まず間違うことはない。同じプリンターを使っているのに、これだけの違いが出るのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら