図5 本体裏には注意書きが貼ってあります
[画像のクリックで拡大表示]

図6 本体写真
[画像のクリックで拡大表示]

図7 キーボードを引き出したところ
[画像のクリックで拡大表示]

図8 本体上部に電源ボタンとスピーカー
[画像のクリックで拡大表示]

図9 本体左側に音量ボタン
[画像のクリックで拡大表示]

図10 本体下部にUSB端子(充電とオーディオを兼ねます)とリセット用の穴(スタイラスで押します)
[画像のクリックで拡大表示]

図11 本体裏蓋を開けたところ。裏蓋は上にスライドすると開きます
[画像のクリックで拡大表示]

図12 起動画面。ユーザーインタフェースには「Touch FLO 3D」ではなく「Touch FLO」が搭載されています
[画像のクリックで拡大表示]

図13 端末を無線LANルーターに変身させるアプリケーション「Walking HotSpot」や、文書をカメラで撮影してスキャンしてFAX送信したりするアプリケーション「Scan Fax」が搭載されています
[画像のクリックで拡大表示]

図14 メモリー領域に余裕があるので、アプリケーションをどんどん入れることができます
[画像のクリックで拡大表示]

 開封レビュー、いかがでしたでしょうか。E30HTを見ると、なぜか感動してしまいました。2005年12月に日本で初めてのWindows Mobileスマートフォン「W-ZERO3」(ウィルコム)が発売されて4年。ついに全キャリアがWindows Mobileスマートフォンを発売したからです。これから、いろいろとカスタマイズしていこうと思っています。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!