シートに貼り付けられた画像を、ファイルとして個別に保存したい。Excelの標準機能では無理だが、Excel 2007では裏ワザが使える。拡張子をちょっと書き換えるだけで、ファイル内のデータが丸見えに。画像ファイルも、ドラグ・アンド・ドロップで簡単に取り出せる。

[画像のクリックで拡大表示]

 Excelの最新版「2007」には、多くの新機能が追加されている。シートのサイズが大幅に拡大されたほか、「条件付き書式」に指定できる条件の数が無制限になるなど、便利機能が満載だ。従来のメニューの代わりに導入された「リボン」については賛否両論あるが、Excel 97以降、最大のバージョンアップだといえる。

 こうした見た目の進化の裏で、ブックのファイル形式が変わったことも忘れてはならない。Excel 97から2003までは、拡張子が「xls」という共通のファイル形式だったが、2007では拡張子が「xlsx」という新しいファイル形式に変更された[注1]。2007で搭載されたさまざまな新機能に対応するためだが、ファイルの構造自体が、非常に活用しやすい形式に変わったことは、あまり知られていない。

[注1] 拡張子
ファイル名に続く「.」(ピリオド)の後ろの文字列で、ファイルの種類を表す。標準では画面に表示されない

ここからは会員の登録が必要です。