みなさん、モバイルしていますか? Windows Mobileスマートフォンとして、世界的に人気のある台湾HTCの「Touch Diamond」は、イー・モバイル、ソフトバンクモバイル、NTTドコモの3キャリアから発売されるということで注目が集まっています。先陣を切って、イー・モバイルが「S21HT」として発売しました。

 「Touch Diamond」の特徴としては、非常に小さいことです。イー・モバイルの「S21HT」は、背面にダイヤモンドカットがない代わりに、何と約98gという軽量になっています。そして、7.2MbpsというHSPDAの通信速度と、Touch FLO 3Dによるタッチオペレーションも売りになっています。携帯電話ユーザーはもちろんのこと、Windows Mobileスマートフォンを長く使ってきたユーザーにとっても、魅力的な端末になっています。

 「S21HT」を使った率直な感想としては、ユーザーがカスタマイズすることで、さらに使いやすい端末になるなあ、ということです。ちょっとした使い勝手を変えるだけで、抜群に使いやすい端末になりますので、ネットや書籍で調べて、カスタマイズに挑戦しましょう。

 今回は、S21HTに行ったカスタマイズをいくつか紹介します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら