面倒な操作をワンタッチで実行できる便利機能が「マクロ」だ。初心者でも、メニュー操作を記録するだけで簡単にマクロが作れる。マクロを常に使うには、保存先を「個人用マクロブック」と指定する。それにしても、この「個人用マクロブック」とは、一体何なのか?

[画像のクリックで拡大表示]

 Exceには、決まった操作を自動化する「マクロ」という機能がある。「VBA(ブイ・ビー・エー)」と呼ばれるプログラミング言語を使い、操作内容を指定する“命令文”を作成。するとその通りにExcelが動作し、面倒な作業をワンタッチで実行できる。

 しかしながら、VBAを使って一から命令文を書くのは、初心者には難しい。そこでExceには、実際のメニュー操作をそっくり記録して、マクロを自動作成する機能がある。それが「ツール」メニューの「マクロ」にある「新しいマクロの記録」。「VBAはよくわからないが、操作を記録してマクロを作ったことはある」という人は意外と多いだろう。

 この機能を使ってマクロを作成すると、マクロの保存先として「個人用マクロブック」「新しいブック」「作業中のブック」のいずれかを選択できる。「新しいブック」または「作業中のブック」を選ぶと、そのファイルを開いているときしかマクロが使えないが、「個人用マクロブック」を選ぶと、Excelの起動中いつでもマクロが利用できるようになる。

 マクロを作ったことがある人なら、「そんなことは知っている」と思うかもしれない。だが、なぜ個人用マクロブックに記録したマクロは、いつでも使えるのだろう。また個人用マクロブックに記録したマクロは、実際はどこに保存されているのだろう。その正体はあまり知られていない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら