「子どもたちのインターネット(含:携帯インターネット)環境に関する法律が出来たことをご存知の方、どれくらいいらっしゃいますか?」

 講演のたびに参加者のみなさんに投げかけてみるのですが、認知度は予想外に低く、保護者でも、教育関係者でも、ポツリ、ポツリ、と手が上がる程度だったりします。新聞でもニュースでも結構取り上げていたはずなのですが……。

 今年6月11日、『青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律』が参議院本会議で可決されました。『青少年インターネット利用環境整備法』のように省略されることもありますが、とにかく「18歳未満の青少年が健全にインターネットを利用できるように」するための「違法・有害情報対策」や「教育・啓発活動」等に関する法律が成立したのです。「保護者の責務」や「教育の推進」という項目もあるので、対象年齢のお子さんのいるご家庭や、小・中・高校(含:養護学校)の教育に携わるみなさんには、ざっくりとでOK、とにかく知っておいていただきたい法律です(参考資料)。

 さて。

 法律ができるほど、青少年に与える影響が問題視され続けているのが、いわゆる“有害情報”です。性的要素や暴力要素を含む「18歳未満禁止」のアダルト系コンテンツはそれに当たります。特に、性的要素の高い内容については、思春期の健康な男の子なら成長の過程で“必ず”生じる興味。これをお読みの男性のみなさんも、ご自身が中高生の男の子だった頃には興味津々ではありませんでしたか?

 インターネットがなかった時代には、大人の目を盗んで(笑)新聞や雑誌、映画やビデオ、などを見ていたのではないかと思います。お母さんに見つかって「こっぴどく叱られたよ!」という思い出のある方もいらっしゃるかもしれません。でも、昔はよかったのです。グラビアページやアダルトビデオの向こう側から魔の手が伸びてくることなんて、絶対になかったのですから。

 ところが、インターネットの向こう側には人がいます。パソコンやケータイを利用してネット上のアダルトコンテンツを覗き見しているだけで、ネットの向こうから悪意が仕掛けられる可能性もあるわけです。それは、

-ウイルスやスパイウエア
画像や映像を読み込むとき、そのデータに紛れ込んで悪意のソフトも一緒に読み込んでしまう危険。ウイルスで機器や環境を壊すくらいなら、一度痛い目をみればいいとも言っていられますが、潜入スパイのごとくアドレス帳の内容やID・パスワードなどの個人情報を密かに外部に流されては、取り返しのつかないことになってしまいます。

-架空請求
「無料だと書いてあったのでうっかり登録しちゃった」という安易な行為はもってのほかですが、登録や書き込みをしなくても、一度でも見た経験があると、架空請求メールが届くたびに「あの時見たサイトからかも」とビクビクしなければならなくなります。実際、不安が募って支払ってしまう人がいるから、架空請求は後を絶たないのです。

[画像のクリックで拡大表示]

 ある意味、今の時代は「ヌード写真」や「アダルトビデオ」を見ていてくれた方が安全なのです(注:決して「見せましょう!」と推奨しているわけではありませんよ)。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら