社内で飛び交う文書の多くはA4一枚だ。WordによるA4一枚文書の作成にはそれなりのコツがある。最大のポイントはグリッド線と行送り、そしてスタイル機能。さらに余白やヘッダー/フッターなど、最低限修得しておきたいテクニックを基本から解説しよう。いわばWordによるA4一枚の王道だ。加えて、王道を攻略した人のために、パンフレットのように複雑なレイアウトのA4一枚文書を簡単に作る奥義も伝授する。

拡大表示
実際にWordで作り、編集会議に提出した本特集の概要説明書(ダウンロード:見本練習用の書式なしテキスト

 日々、会社で作る文書の大半は社内向けだ。また、「企画の概要」「連絡会議事録」「Vista導入の注意」など、ほとんどは文字が主体で、A4用紙一枚に収まる内容である。ありふれた文書ではあるが、作る機会は表やグラフが満載の長文よりずっと多い。従って、この手のA4一枚文書をきちんと作れることは、パソコンユーザーの基本中のキホンなのだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら