Outlook 2007と比べてみたら・・・

 Outlook 2007は、メールの送受信だけではなく、スケジュールや仕事の管理なども一括して行える、個人情報管理ソフト(Personal Information Manager;PIM)というカテゴリーに位置づけられるソフトだ。

 OEには、スケジュール管理などの機能はなかったが、WindowsメールではVistaに加わった「Windowsカレンダー」をメール画面上から呼び出せる機能が加わっている。本格的なスケジュール管理などには力不足だが、簡単な予定の管理くらいなら使えそうだ。

図4 「Microsoft Outlook 2007」画面。Windowsメールは、スケジュール管理機能などの面でOutlookに比べるとやや力不足
【WindowsメールとOutlook 2007の安全面などの機能の違い】
機能 Windowsメール Outlook 2007
HTMLメール内の画像及び外部コンテンツのブロック
危険な添付ファイルの削除
添付ファイルを開こうとする際に
メッセージを表示する
ニュースグループ機能
迷惑メールの自動処理
フィッシングフィルタ
迷惑メールフィルタ
クイック検索
RSS購読 ×
スケジュール管理 ×
To DOバーを活用した
仕事の優先順位の管理
×
機密情報の配布制御 ×
電子名刺のカスタマイズと共有 ×
添付ファイルプレビュー ×
表2 WindowsメールとOutlook 2007の違い。Windowsメールと違い、Outlookはメールの送受信以外にも、個人秘書のように仕事をサポートするさまざまな機能が盛り込まれている

 次回は、既存の環境からWindowsメールに乗り換えるときの注意点を取り上げる予定だ。お楽しみに。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら