ようこそWindows Vista体験ツアーへ。Windows XPからVistaに乗り換えるといつものパソコン操作がどう変わるか、起動から終了まで一通りの作業を体験してみよう。

 まずは電源投入だ。XPと同じように進行バーが表示された後、画面が切り替わってWindowsのマークが一瞬光る。そして現れる、ログオン画面(図1)。デザインはXPからガラリと変わったが、ログオンの手順はこれまでと同じだ。

【ログオン画面もデスクトップもリニューアル】
拡大表示
図1 電源投入後に現れるログオン画面はリニューアルした。ユーザーを示す画像が中央に表示される。右下にはシャットダウンや再起動のためのアイコンがある

 ログオン後には、何やら雰囲気を一新したデスクトップ画面が表示される(図2)。ただ下部を見ると、おなじみのタスクバー。使い方は基本的にXPと同じだ。従来通り、画面の上や横に移動させることもできる。

拡大表示
図2 起動直後に左下のボタンでスタートメニューを開いたところ。右側にはガジェットが並ぶ「サイドバー」がある。サイドバーの右クリックメニューでガジェットを追加することも可能

 目新しいのは画面の右側。Vistaで新たに加わった「サイドバー」が表示されている。「ガジェット」と呼ぶ小規模なアプリケーションを登録しておける部分だ。

 画面の左下では「スタート」と書かれたボタンがなくなった。代わりに、Windowsマークが付いた丸いボタン。これが従来のスタートボタンだと考えていい。

あの「マイ」が消えた

 スタートメニューを開いて最初に気付くのは「マイドキュメント」「マイピクチャ」などが見当たらないこと。だが、これらは「ドキュメント」「ピクチャ」などに名前を変えてしっかりと残っている。Vistaでは「マイ」という呼び名が廃止されたのだ。

 それ以上に変わったのが使い勝手。Vistaで「すべてのプログラム」をクリックすると、スタートメニューのスペースの中に、フォルダー別に折り畳まれて表示される(図3)。フォルダーをクリックすれば、含まれるメニュー項目が展開される。

拡大表示
図3 スタートメニューで「すべてのプログラム」を選んでも、XPのようにメニューが横に広がらず、この領域の中に折り畳まれて表示される

 このほかにも、細かく見比べればいくつか相違点がある。例えば「プリンタとFAX」が消え、「接続先」という項目が加わった。無線LANのアクセスポイントなど、利用可能なネットワークが一覧表示される。「規定のプログラム」は従来と若干名称が変わった。ファイルの拡張子と、それを開くためのアプリケーションの関連付けはここから実行する(図4)。

拡大表示
図4 スタートメニューの「規定のプログラム」から関連付けのための項目を選ぶと、XPのフォルダオプションと同様の拡張子の設定画面が開く。画面上部はエクスプローラと同様にVista特有のフォルダー階層メニューになっている

 またボタンのすぐ上には、細長い空白の領域が用意されている。これは、検索キーワードの入力欄。ここから、アプリケーションや設定項目などを探すことも可能だ。検索については、後半で詳しく紹介する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら