「USBメモリーを挿すだけで、Windows Vistaが高速化され、キビキビ動作するようになる」――。にわかには信じ難いが、事実こうした新機能がWindows Vistaに搭載されていることをご存じだろうか。それが、「Windows ReadyBoost(レディーブースト)」(以下、ReadyBoost)。マイクロソフトがVistaの目玉としている機能の一つだ。1万本限定で、USBメモリーが付属する「Windows Vista Ultimate α」パッケージを発売することからも、同社の狙いがうかがい知れる。

 Vistaをいち早く導入したユーザーの間では、ReadyBoostの利用が活発化しているようだ。アイ・オー・データ機器によると「1月下旬以降、USBメモリーの売り上げが急速に伸びている。“Vista効果”だと分析している」という。インターネット上のブログや掲示板にも、ReadyBoostを試してみたとするコラムが続々と掲載されている。

 しかし、このReadyBoost、マイクロソフトがこれまで公式に発表した内容を調べても、具体的な効果の度合いが一向に見えてこない。ネット上の検証コラムも、「速くなった気がします」といったあいまいな内容ばかりなのが実情だ。そこで本誌では、ReadyBoostの有効性について徹底検証した。果たしてReadyBoostは、売り文句通りに意義のある新機能なのだろうか。

拡大表示

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら