テンキーは、[Num Lock(ナムロック)]キーで機能を切り替えられます。[Num Lock]キーがオンのときは数字入力が、オフのときは数字の下に書かれた機能が使えます。数字が入力できないのは、Num Lockがオフになっているためで、[Num Lock]キーを押して機能をオンにすれば、数字入力ができます。Num Lock機能のオン/オフを識別できるLED(たいていは右上部に配置)を備えたキーボードなら、テンキーの状態をランプのオン/オフで確認できます。

 同様にキーを押すたびに機能のオン/オフが切り替わるものに[Caps Lock(キャプスロック)]キーがあります。入力する英字の大文字/小文字を切り替えることができ、オンの状態では大文字が、オフの状態では小文字が入力されます。[Shift]キーを押しながら英字を入力すると、Caps Lockオンのときは小文字、オフのときは大文字入力となります。なお、Caps Lockのオン/オフは、日本語入力には影響しません。

【[Num Lock]キーで切り替え】
テンキー部の左上部にある[Num Lock]キーのオン/オフで入力を切り替える。オンのとき、上段にある数字を入力できる
出典:日経パソコン 2006年1月23日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。