無線LAN標準のセキュリティ機構WEP(Wired Equivalent Privacy)に欠陥があることが2000年末以降,次々と明るみになった。しかも,WEPで利用されている暗号鍵を推測するアルゴリズムも公開されており,これを実装したソフトウェアも無償で配布されている。WEPを破られ,無線LANでの通信内容を盗み見られる危険は身近なものなのだ。

ここからは会員の登録が必要です。