GDEPアドバンス、HP社製ワークステーションに
NVIDIAハイエンドGPUを組み込んだカスタマイズモデルを販売開始

株式会社GDEPアドバンス(本社:東京都文京区、代表:飯野匡道、以下 GDEPアドバンス)は、株式会社日本HP(以下HP社)が販売するワークステーション「Zシリーズ」と、GDEPアドバンスが取り扱うNVIDIA社ハイエンドGPUカードを組み込んだモデルを、GDEPアドバンスカスタマイズモデル「HP Z8 Powered by GDEP(R)」として2月14日(水)より受注を開始します。

HP社のワークステーションは、多くのお客様からそのパフォーマンスと品質で絶対的な信頼を勝ち得ているプロダクトです。Zシリーズは、高い拡張性とパフォーマンスを備えたフラッグシップモデルとなり、あらゆるシーンでユーザーの追い求める様々な挑戦をサポートするワークステーションです。

GDEPアドバンスでは、長くNVIDIA社の国内エリートパートナーとして培ってきたノウハウをもとに、ZシリーズにNVIDIA社のハイエンドグラフィックカードを搭載し、CUDAやライブラリ等の開発環境をプレインストールするなどの独自カスタマイズを行っています。

■GDEPアドバンスカスタマイズモデル 「HP Z8 Powered by GDEP(R)」

対象モデル HP Z8 G4 Workstation

搭載可能CPU
・インテル(R) Xeon(R) Bronze 3104 プロセッサー
 (1.7GHz, 6コア, 8.25MB, 2133MHz) ×2基
・インテル(R) Xeon(R) Silver 4108 プロセッサー
 (1.8GHz, 8コア, 11MB, 2400MHz) ×2基
・インテル(R) Xeon(R) Gold 5122 プロセッサー
 (3.6GHz, 4コア, 16.5MB, 2666MHz) ×2基

搭載可能GPU
・NVIDIA(R) Quadro GP100 1枚(出力用カードが別途必須)
・NVIDIA(R) TITAN V 1枚or 2枚
・NVIDIA(R) GeForceGTX1080Ti 1枚 or 2枚

開発環境
GDEPアドバンスのオリジナルカスタマイズモデルは、OSにUbuntu、CentOS、またはWindows10から選択できるほか、CUDAをはじめとするGPU開発環境やライブラリ、各種フレームワークがプレインストールされている状態となります。

用途
・倍精度:CAD/CAM/CAE/BIM、流体解析、構造解析、電磁界解析、深層学習など
・単精度:画像編集(レンダリング、エンコーディング)、VR、深層学習など


株式会社日本HP パーソナルシステムズ事業本部 ワークステーションビジネス本部
本部長 大橋 秀樹氏のエンドースメントコメント
株式会社日本HPはこの度の株式会社GDEPアドバンスによる弊社ワークステーションの取り扱いを歓迎します。GPUコンピューティング創世記からその市場を牽引してきたGDEPアドバンスのノウハウとナリッジが、HPのワークステーションにオプティマイズされることにより、我々の主たるユーザーであるエンジニアの皆様へ大きな恩恵をもたらしてくれることと信じています。

■製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社GDEPアドバンス 法人営業部
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00
http://www.gdep.co.jp/