TOP > サービス評価 > リレーショナルデータベース(RDB)サービス > Amazon RDS for Oracle

サービス評価

Amazon RDS for Oracle

マルチAZ構成で性能が半減するケースも DMSによるデータ移行中は37%性能低下

【2018/05/20】

 Oracle DatabaseをAWSに移行する際の第一選択肢になるのがAmazon RDS for Oracle。ただしPaaSならではの制約があるのに加え、マルチAZ(Availability Zone)構成や自動バックアップからのフェイルオーバーといった特有の機能を使った場合に性能が落ちるなど、利用上の注意点は少なくない。今回はそうした注意点を中心に、解説と検証を行う。

システムサポート 山口正寛

2018年6月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。