TOP > 解説・レポート > 本格導入前に習得する AWS基礎演習 > AWS基礎演習[第11回]CDNとDNS

解説・レポート

本格導入前に習得する AWS基礎演習

AWS基礎演習[第11回]CDNとDNS

世界に107カ所のエッジを持つCloudFront Route 53と組み合わせて国別の接続先制御も

【2018/02/20】

 Webサイトの応答性能の向上で効果が大きいのが、CDN(Content Delivery Network)だ。AWSではAmazon CloudFrontが該当する。これと、DNS(Domain Name System)のAmazon Route 53を組み合わせて用いることにより、性能向上、特定ユーザーへのアクセス許可、国別の接続先制御、フェイルオーバーなどが可能になる。

モビンギ 堀内康弘(本編)/トレノケート 三浦美緒(演習問題と解答・解説)

2018年3月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。