TOP > ケーススタディ > 第一生命保険 Azureで健康増進アプリを開発

ケーススタディ

第一生命保険 Azureで健康増進アプリを開発

顧客情報のセキュリティ懸念を払拭 PaaS活用で機能追加の期間短縮

【2018/02/20】

 保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の両面からイノベーションを創出する「InsTech(インステック)」に取り組む第一生命保険。InsTechで掲げる柱の一つである「ヘルスケア」の施策の一つとして、Azureを使い健康増進アプリ「健康第一」を開発した。同社初のパブリッククラウド採用案件のため、セキュリティへの懸念払拭に腐心。AzureのPaaSを活用し、動画配信やログ分析などの機能追加を短期間で実現している。

井原 敏宏

2018年3月号

ここから先は日経クラウドファースト購読者の方のみお読みになれます。
お申し込みを済ませたうえで「ログイン」状態にしてご利用ください。