資料の紹介

 ビジネスを後押しする手段として、企業によるマルチクラウドの利用が定着化してきた。一方でクラウドサービスの利用拡大や、事業拡張に伴う拠点の増加、グローバルへの事業展開などビジネスを取り巻く環境は目まぐるしく変化する。場合によってはトラフィックの増加やネットワークの品質低下、セキュリティ管理の煩雑さなどさまざまな課題を抱えてしまうことになる。

 そこで必要となってくるのが「柔軟性・効率性・安全性」を担保した、“変化に強い企業ネットワーク”だ。それら難問を解決する手立てとして注目されるのが、「Software Defined技術」(ソフトウエア制御による仮想化)を採用したネットワークの仮想化である。これにより柔軟かつ迅速な事業変化への対応、通信品質の安定化、快適なクラウド利用などが可能となる。

 本動画では広域ネットワークも含めた仮想化技術とその実現方法について解説する。機能や規模のニーズに応じたスモールスタート、既存回線へのオーバーレイネットワーク構築によるパフォーマンス最大化、セキュリティ機能と連携したクラウドのセキュアな運用が可能だとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。