資料の紹介

 2020年はPCユーザー受難の年になるかもしれない。年明け早々の1月14日にはWindows 7の延長サポートが終了。セキュリティパッチを含め、一切の更新プログラムが提供されなくなる。10月13日にはOffice 2016のメインストリームサポートが終了し、Office 365に接続できなくなる。

 しかし、国内の企業や公共組織を対象としたアンケート(※)では、「旧バージョンのOSを使用し続ける可能性がある」との回答が約4割にも達した。延長サポート終了後にWindows 7を使い続ければ、マルウエア感染や情報漏洩のリスクが格段に高まるだろう。Office 2016ユーザーは、Office 365にアクセスできなくなり、職場は大きく混乱するだろう。

 本資料では、PC 2020年問題とも言われる上記の問題を解決すると同時に、働き方改革も推進してしまおうという、モバイルワーク支援ソリューションを紹介する。社外からのOffice 365の利用をはじめ、売上実績や顧客情報といった社内の業務データへのアクセスも安全・快適に行えるようになるという。

※ 出典:2018年 国内PC市場 ビジネスユーザー動向分析調査:Windows7の延長サポートに向けた動向

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。