資料の紹介

 企業によるクラウド活用が進む一方で、情報漏えいなどセキュリティ上の不安からクラウド導入をためらう企業も依然として多い。しかし最近では、セキュリティはクラウドの懸念事項ではなく、むしろ、セキュリティ強化のためにクラウドを採用する動きが本格化しつつある。背景には、高度化する脅威に自力で対処するのが困難になっているという状況がある。

 とは言え、「パブリッククラウドに移行すれば、セキュリティをすぐに強化できる」と考えるのは早計だ。当然のことながら、最新の脅威にも対応でき、堅牢な基盤、先進的な機能やサービス、さらに運用体制が装備されたクラウドサービスを選ぶことが肝要だ。

 本資料では、セキュリティ強化を目的としてクラウドサービスを選択する際に、押さえておくべきポイントを提示する。「SLAでセキュリティレベルについて言及しているか」「セキュリティ対策に関する透明性はあるか」「多層防御が可能な体制を整えているか」といったポイントについて、具体例を示しながら解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。