資料の紹介

 働き方改革を実現するには、コミュニケーション基盤を充実させることが不可欠だ。経営環境の変化に対する即応性向上や、多様な働き方の実現による個人や組織の能力の最大化、人と人とのつながりによるイノベーション創出のいずれも、リアルタイムでスムーズなコミュニケーションが支えている。

 しかし、パソコンやタブレット、スマートフォンなど社員が使うデバイスが多様化し、システム環境が複雑化している現在、新たなコミュニケーション基盤の導入は、IT部門の負担をさらに増加させる恐れがある。加えて、マルウエアや標的型攻撃などへのセキュリティ対策や、コンプライアンスにも手間がかかる。

 本資料「Office 365活用ガイドブック」では、Office 365活用のポイントを解説するとともに、上記の課題を抱えた企業向けのソリューションとして、Office 365と管理者向けサポートを併せて提供する月額制のサービスを詳しく紹介する。アドオンサービスとして、メールや予定表などの情報を一つの画面でまとめて見られるポータル機能も提供する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。