資料の紹介

 データを分析して有効活用することは、最先端企業の競争力の根源となっている。その一方で、活用すべきデータは爆発的に増加、IoTのセンサーデータなども加わり、そのスピードは一層加速している。データマート、データウエアハウス、分析システムには、急増する大量のデータへの対応が強く求められている。

 従来型の“物理的な”データウエアハウスは、全社横断的な分析のためのデータ収集には適している。しかし、そこで利用されているストレージやコンピューティングリソースでは、今後の爆発的なデータ増への対応は難しい。加えて、パッチの適用や更新、アップグレードといった人手による面倒な作業には、作業ミスなどによるリスクも伴う。

 本資料では、こうした課題の解決策の一つとして、クラウド型データウエアハウスを紹介する。プライベートクラウドでのローカルホスティング、パブリッククラウドへのアウトソーシング、あるいは両者を組み合わせた環境でも、管理を効率化し、スケーラビリティ向上やパフォーマンス保証による可用性の向上、データ処理/保管のコスト削減を実現するとしている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。