資料の紹介

 延長サポート終了が2020年1月に迫ったWindows 7をどうするか頭を悩ませている企業は多いだろう。しかし、Windows 10への移行は、セキュリティの心配や煩わしいIT管理の問題を解決し、働き方改革を実現するチャンスとも言える。

 とは言うものの、やはり費用はできるだけ抑えるに越したことはない。そう考える中小企業にとって有力な選択肢となるのが、Windows 10、オフィスアプリのクラウドサービス、モバイルデバイス管理とセキュリティ対策のパッケージ製品としてマイクロソフトが昨年11月に発売した「Microsoft 365 Business」だ。

 本資料では、Microsoft 365 Businessの導入支援サービスを紹介する。30日間無料で使用できるトライアル環境を提供するほか、既存システムとの連携やマクロの互換性検証など、Windows 10移行に伴って発生する諸問題の解決を支援する。オフィスアプリの操作方法などの疑問を解決するコンタクトセンターも用意する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。