資料の紹介

 2020年1月のWindows 7延長サポート終了まで、あと1年半に迫ってきた。延長サポート終了後は、不具合の解消や脆弱性の修正などが実施されなくなるので、企業ユーザーはいやおうなしにWindows 10への移行を迫られる。

 Windows 10への移行を前に、検討項目が山積している企業は多いはずだ。主立ったところでは、ドキュメントが整備されていない古いアプリケーションや、サードパーティ製のアプリケーションを移行できるかどうか、という問題がある。また、ディスプレイ設定によるアプリ画面のレイアウトの崩れや、IME制御の切り換えなどは、細かいところだが、使い勝手ひいては生産性に関わる問題だ。

 本資料では、こうしたWindows移行に伴って発生する問題を解決する支援サービスを紹介する。多くの場合、まずはソースコードを分析し、移行可能かどうかを検証するところから始めることになる。Windows 10への移行をきっかけに、モバイルワークを効率化し、働き方改革を実現するという選択肢もある。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。