資料の紹介

 人工知能(AI)技術の機械学習は、様々な産業分野で実績を上げつつある。具体的には、ビジネスに必要な洞察を充実させ、効率化を可能にする。より詳しく見てみると、AI技術は、ビジネスのプロセスを改善し、新しいモデルを生み出すうえで非常に効果的なツールだと分かる。つまり、バランスシート上も大きな役割を果たしているということだ。

 例えば機械学習は、データに含まれるパターンを見分ける手段として、従来の非AIソフトウエアより遥かにすぐれている。これを利用すれば、商品やサービスを顧客に届ける方法を大きく改善できる可能性がある。ほかにも、コンピュータービジョン(CV)と機械学習を組み合わせれば、「担当者の目」を代替してコスト削減をもたらせるだろう。

 本資料では、金融サービス業界と農業技術という、まったく異なる分野の大手企業がそれぞれ、AIクラウドプラットフォームを取り入れることで、ビジネスに革新をもたらし、利益をあげている様子を紹介する。前者は機械学習を用いて数百万の顧客を金融面でサポートし、後者は機械と作物についての正確な情報を農家に提供しているという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。