資料の紹介

 フラッシュ価格の下落が進み、企業向けストレージの主流は急速に、オールフラッシュアレイ(AFA)にシフトしつつある。企業は今や、単に性能面のメリットだけでなく、大規模な導入や展開に伴う副次的なコストも勘案したうえでAFAを採用している。その一方で、市場は曲がり角を迎えつつある。

 ワークロード密度の向上に伴い、AFAに対して、高密度インフラであると同時に、高性能、大容量システムへの対応が強く求められるようになった。従来のHDD向け設計をオールフラッシュアレイに最適化するというレベルではなく、SCSI技術の制約から完全に解放された次世代のオールフラッシュアレイが求められている。

 調査会社IDCが作成した本資料では、オールフラッシュアレイがエンタープライズ用ストレージの主流として定着するために解決すべき課題を整理したうえで、クラウド時代の高密度のワークロードに対応できる次世代のAFAアーキテクチャを解説。NVMe技術に基づく次世代AFA設計がもたらす性能、効率、信頼性、コスト面でのメリットを紹介している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。