資料の紹介

 今日のビジネスで、ますます重要になっているのが事業継続性だ。ほぼすべての業務がITなしでは処理できなくなった現在、ひとたび障害が発生すれば、ビジネスに壊滅的な打撃を与えかねない。逆に言えば、IT障害が起きてもビジネスを続行できる組織は、競争優位性や顧客エンゲージメントなどの面で大きなメリットを得られる。

 だが現実には、「目標復旧時点」(RPO、トラブル発生からさかのぼってどの時点のデータを回復するかを示す)と「目標復旧時間」(RTO、テータを回復してシステムを復旧するまでの時間を示す)がゼロになるような最高水準の事業継続性を実現しているのは、一部の大企業、それも特に重要なアプリケーションに限られる。ほとんどの組織では、コストと複雑さがネックになり、最高水準の事業継続性を実現できていない。しかし、状況は変わりつつある。

 本資料では、非現実的なコストや、IT部門の多大な負担といった問題を生じさせることなく、RPOとRTOをゼロにすることを可能にする最新技術として、「アクティブ/アクティブストレッチクラスタ」を紹介する。透過的なフェイルオーバーが可能な2台のオールフラッシュストレージアレイで動作するソフトウエアベースの仕組みである。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。