資料の紹介

 営業部門を支援し効率化を実現するツール「SFA(Sales Force Automation)」は、営業の最新情報をリアルタイムに把握し、経営判断のスピードアップにつながるため、導入する企業も多い。しかし「導入すれば必ず成果が出る」とは限らない。IT担当者が活用をイメージして導入しても、データを入力する営業側が使いこなせない製品では効率化にはつながらない。そのような状態では、SFAが本来の目的で機能することなく時間だけが経ってしまう。

 SFA導入には、自社に最適な製品を吟味する必要がある。従業員におけるITリテラシーの差や初めてでも理解できる使いやすさなども考慮しなければならない。多機能だが複雑で使いどころのない機能よりも、普段使っているツールに近い操作性、理解しやすいユーザーインタフェースなどが重要であり、シンプルで使いやすい製品が理想的だ。

 本資料では、一度はSFAを導入したものの成果が出ず、別のSFAに乗り換えて成功した食品販売会社の導入事例を紹介する。活用できなかったSFAの問題点を明らかにし、経営判断のスピードアップに効果を発揮した新SFAについて解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。