資料の紹介

 現在のビジネスにモバイルネットワークの活用は欠かせない。テレワークやIoT、M2Mの推進などで社外と社内をつなぐネットワーク利用が急増している一方で、インターネットを経由したウイルス感染や自社サーバへの侵入も増加している。企業の情報システム部門担当者は、セキュアかつシンプルで、コストを抑えた通信環境を導入しなければならない。

 セキュリティ上の難点であるインターネットを経由せず、コストや運用面で負担となるVPN装置を導入しない方法として、スマートフォンの格安SIMなどを販売しているMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する「閉域モバイルアクセスサービス」という手段がある。この方式はインターネットを経由せずに、高いセキュリティを維持したままモバイル通信環境が構築できる。さらに配線や配管工事が不要のため、コストを削減しすぐに接続できるというメリットがある。

 本資料では、MVNOを利用した閉域ネットワークサービスについて紹介する。セキュリティ、設置、コストといった導入の利点について、テレワークや金融関係などの利用シーンに沿って解説。併せて、具体的なサービス概要やプランについて提案する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。