資料の紹介

 自社でサーバーを持つオンプレミスの環境からクラウドへの移行が本格化している。スモールスタートを意図したトライアンドエラーなど、クラウドのメリットは明らかだが、一方で現在の環境をそのまま移行するのは難しい。オンプレミス環境で動いているシステムをクラウドに移行するケースとして多いのは、古いシステムを何らかの理由でリプレースしなければならない場合だ。その場合、「既存のシステムをそのままクラウドに持っていきたい」というニーズは多い。

 そこで問題になるのがOSやミドルウエアのバージョンだ。最新のバージョンを用意することが望ましいが、それでは移行したいアプリケーションが動かないことがある。クラウド上にも極力同じ環境を用意することになるが、古いバージョンのソフトを使い続けることはセキュリティリスクもそのまま引き継ぐことになる。さらに問題なのは、実際の移行時の影響である。他社との調整の必要が出てくるし、自社のシステムやサービスを一時的に完全停止する必要もある。スムースに移行するためにはリハーサルも大切だろう。

 本資料では、このようにオンプレミス環境からクラウドに切り替えるためのさまざまな問題点やポイントについて詳しく解説ししている。クラウド業者の選び方や、ユーザー企業とクラウド業者の責任範囲、移行計画のなど、説明は具体的だ。これからクラウドへの移行を考えるなら一読をお勧めする。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。