資料の紹介

 リクルートホールディングスは、全従業員に上限日数のない在宅勤務を認めるなど、先進的かつ大胆な取り組みで知られる。同社で「働き方変革プロジェクト」を立ち上げ、プロジェクト推進の中心的な役割を果たしたのが林宏昌氏だ。

 林氏は、働き方を変えること自体は目的ではなく手段であり、それを通じて生産性を向上させ、イノベーションを生み出し、企業を成長させることが目的だという。そのために実施したのが、リモートワークやサテライトオフィス、それを支えるオンライン上であらゆる業務ができる「サイバーオフィス」の構築、経営層を巻き込んだ施策などだ。

 そして、さまざまな試行錯誤と経験を経て、林氏がつかんだ働き方改革を成功させるポイントこそが「ロマンとソロバン」である。はたして、それはどういう意味なのか? 詳しくは本資料を一読いただきたい。最も先進的で大胆な「働き方改革」を成功に導いた林氏の経験談は、とても説得力に富み、いままさに「働き方改革」に取り組んでいる企業の行動指針となるだろう。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。