資料の紹介

 インターネットとITを駆使するデジタルビジネスが、多くの企業の成長に欠かせない時代となった。このような時代に企業が生き残っていくうえで大きな武器となるのが、「API」(Application Programming Interface)だ。自社のもつシステムの機能やデータを、インターネット上でAPIとして提供することで、他の企業が簡単に利用できるようになり、高度な企業間連携を実現できる。

 APIは新しいビジネスを生み出す大きな可能性を秘めているが、複数の企業がAPIで連携する「エコシステム」を成功させるには、いくつかのハードルがある。中でも重要なのはAPIを他社のビジネスフローの構成要素として提供する以上、安定運用も求められ、DDoS攻撃などにも対応できる体制が不可欠になるということだ。

 本資料では、まず、デジタルビジネスのカギとなるAPIエコシステムについて、その仕組みや活用方法、効果を解説する。さらに、決済システムを含むAPIエコシステム構築を支援する一連のサービスを紹介する。APIマネジメントに関する知見の提供や、プラットフォームサービスによる安定運用の実現により、API構築・運用のスモールスタートを可能にするという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。