資料の紹介

 限られた人数で、これまで以上の仕事を、ミスや遅滞なくこなす――。労働人口が急減し、新たな人手の確保もままならない今、多くの企業の現場がこのような事態に直面している。このような企業にとって、働き方改革は単なるスローガンではなく、目前に迫った課題を解決する具体策でなければならない。

 アプローチは大きく2つある。一つは既存の人的リソースを生かし切ること。これには、労働の場所や時間など、物理的な制約を安全に解消する「テレワーク」の仕組みが必要だ。もう一つは、一人ひとりの従業員の生産性を上げること。より多くの仕事を、より精度よくこなせるよう支援する仕組みが必要になる。だが、これらの仕組みを逐一検討し、導入し、定着させることは、多くの企業、特に中堅・中小企業にはハードルが高い。

 本資料では、世界中の企業の大多数が利用する、オフィス向けクラウドサービス群の中から、働き方改革に役立つ機能をまとめて提供する統合クラウドソリューションを紹介する。馴染みの仕事環境はそのままで導入できるメリットがある。さらに、大規模ユーザーとしての経験を活かし、同ソリューションのスムーズな導入と運用を支援するサポートサービス群も紹介している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。