資料の紹介

 BIは「Business Intelligence(ビジネス・インテリジェンス)」の略で、企業の各部署が蓄積しているデータを、収集・蓄積・分析・加工し、経営戦略のための意志決定を支援する取り組みだ。データ活用が叫ばれるいま、BIツールを活用して売上増などの具体的な成果を上げることが求められている。

 しかし、BIツールの選び方を誤ると「使われないシステム」になり、導入にかけたコストが無駄になってしまうケースも見受けられる。本資料では、そうならないために考えるべき3つのポイントが紹介されている。

 さらに、800人の社員が毎日利用するBIシステムを実現した鳥居薬品、Excelでの集計・グラフ化作業をゼロにした日本電子材料などの成功事例も含めて、BIの基礎知識、分析事例、代表的なBIツールの比較、製品選定のポイントなど、幅広い内容となっている。BIツールの導入を検討している企業はもちろん、導入したもののあまり使われていない企業に役立つ資料だ。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。