資料の紹介

 多くの企業が現在も使用しているWindows 7は延長サポートが2020年1月14日で終了する。直前となる2019年末には、Windows XPのサポートが終了したときと同様に、買い替え需要が集中することが予想される。とはいえ、Windows 10は従来とは異なるアップデート方式「WaaS」(Windows as a Service)を採用しており、互換性や更新プログラムに対する不安などから、移行に対して消極的なユーザーも少なくはない。

 こうした移行の不安を解決するには、Windows 10への移行を支援する「運用サポートサービス」を利用するという手がある。移行に関する相談から、検証、導入、運用まで専門スタッフによるサポートを受けながらスムーズに解決できる。

 本資料では、Windows 10への移行・運用支援サービスについて紹介する。専用窓口での相談から、セミナー、ワークショップの開催、Windows 10環境の最適化や最新化に関するサポートなど、移行から運用までの流れや詳細なサービスについて解説する。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。