資料の紹介

 生産年齢人口が減少し続ける今、企業は働き方改革による生産性・創造性の向上を迫られている。しかし、一足飛びに今までの業務フローを変えるのはハードルが高い。そこで、労働力の「量的確保」および「質的確保」を実現するための、意外に身近な方法として注目されているのが名刺管理の改革だ。

 多くの企業では、名刺の管理は個々人に任されているのが実情だ。名刺情報をデータベース化して共有している企業もあるが、現場の担当者が入力を億劫(おっくう)がって登録情報が陳腐化してしまい、実際には役立っていないことが少なくない。そこで今、働き方改革の第一歩として、名刺管理の改革に取り組む企業が増えている。

 本資料では、名刺管理の改革が、いかにして企業の働き方改革を加速するかについて、具体的なサービスの活用法と併せて説明する。名刺のデータ化作業を自動化・アウトソーシングすることで生産性が向上することはもちろん、オンラインで名刺の管理や共有を可能にすることが、いつでもどこでも働ける環境の実現につながるという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。