資料の紹介

 ビジネスルール管理システム(BRMS)がIT関係者の注目を浴びている。最近では、メインフレームで稼働していた基幹業務システムのリニューアルをはじめ、リアルタイムのビッグデータ分析ソリューションや製造現場の監視・制御などに使って効果をあげる事例が出てきている。

 BRMSで記述するルールは、業務で定義される「お約束ごと」である。業務ロジックを宣言型のルールで記述することで、仕様の把握や確認が容易になり、システムの品質と保守性を高めることができる。しかし、BRMSの構築は従来の手続き型プログラミングとは大きく異なる点がある。

 本資料は、BRMSの専門家がIT関係者向けに執筆した解説である。BRMSの概要や適用事例からはじめて、実装例やルール記述の際の「べからず集」を紹介。BRMSの発展形についても言及する。ルールエンジンの活用で、「巡回セールスマン問題」のように、さまざまなビジネスシーンにおけるリソース活用の最適解(組み合わせの最適化)を求めることも可能になるという。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。