資料の紹介

 市場の動きにいち早く追随したい企業にとり、様々な規模で導入でき、必要に応じて柔軟にリソースを追加していけるクラウド・サービスは、もはや欠かせない存在だ。しかし、ことセキュリティ面に関しては、別に対策が必要になることもある。例えば、ファイアウォールなどを追加で購入しなければならない場合がある。

 インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供するクラウド・サービスの看板メニュー「IIJ GIO 仮想化プラットフォーム VW シリーズ」は、仮想基盤に管理者権限も合わせて提供するもの。これにより、クラウド環境でオンプレミスの仮想化基盤と同じ環境を利用できるになるのが売りだ。しかし以前は、一部のセキュリティ関連ソフトを買取型で別途提供しており、顧客に不便を強いていた。

 本資料では、IIJがこの問題を解消しようと採用した、月額ライセンス制の仮想セキュリティソフトと、導入によるメリットについて紹介する。使った分だけが課金の対象になるため、IIJも初期投資なしで導入できた。また、ライセンスの“在庫”も可能になり、要望があれば即、顧客にサービスを提供できるようになった。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。