資料の紹介

 ユーザー体験に対する企業の期待は、かつてないほどに高まっている。組織の内部および外部の両方のユーザー体験を理解することは、デジタル世代のあらゆるビジネスにとって、生き残るための最重要課題であり、デジタル体験管理はネットワーク監視およびアプリケーション性能管理から発展した重要なコンポーネントになりつつある。

 しかし、効果的なデジタル体験管理(DEM)の導入に苦労している組織は少なくない。従来のツールの多くは、問題の根本原因を特定したり、ビジネスへの影響を事業部門に知らせたりするのに有効な機能を備えていない。DEMを成功させるには、ITインフラとビジネスの双方から横断的に評価のためのデータを収集し、分析するツールが必要になる。

 本資料では、デジタル体験管理(DEM)に関して、従業員250人以上の大企業を対象に実施した最新の調査結果に基づき、拡大しつつある適用範囲と活用例、企業がDEMに失敗する理由、効果的なDEMのための原理と実践について考察。効果的なDEMの実装のために重要な10個のヒントを提示している。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。