資料の紹介

 いまや、メガバンクのような金融機関でさえ、パブリッククラウドを活用する時代になった。今後は、業種業態、企業規模を問わず、パブリッククラウドを活用する企業は、さらに増えるだろう。ただし「大手事業者のクラウドなら、セキュリティも保守運用も任せておけば大丈夫」と考えるのは早計だ。

 確かに、クラウド事業者はインフラの運用管理については高度なサポートを提供する。しかし、その上で動くOSやアプリケーションまでは面倒を見てくれない。そこは、あくまで企業側の責任で運用しなければならない。この事実を見落とすと、システム移行後に慌てることになりかねない。

 そこで、ぜひ検討したいのが、クラウドへの移行フェーズに合わせた運用ソリューションの活用だ。停止が許されない本番業務アプリケーションの移行に始まり、より重要度の高いシステム、さらに全システムと、各移行のフェーズに合わせて最適な運用を実現するには、フェーズごとに必要な運用体制を整備する必要がある。本資料では、各フェーズで役立つ運用ソリューションと活用方法が説明されている。

次ページ以降は日経 xTECH Active会員(無料)の方のみお読みいただけます。